これなら続けられる!ジグザグダイエット!

こんにちは栢山トレーニングジムの鈴木です。今回の記事はジグザグダイエットについて説明していきます。特にこの記事を読んでいただきたい方は、ダイエットが継続できない方はもちろん、ダイエットで体重などが停滞してしまっている方などにも読んでいただきたいと思います。

小田原ジム

ジグザグダイエットとは?

ジグザグダイエットとは、一定の周期で摂取カロリーを減らしたり、増やしたりすることで、停滞期を打破したり、ダイエットを継続しやすいようにすることを目的とした方法です。

ジグザグダイエットのメリット

ジグザグダイエットのメリットとしましては、まずメンタル面でのストレスが少ないことがあげられます。もちろんストレスの感じ方には個人差がありますが、栢山トレーニングジムのお客様からはジグザグダイエットを行なっても、それほど強いストレスは感じなかったとお話しを聞いてます。

初めの一週間から二週間はダイエットがキツく感じられる場面もあったようですが、その後体がダイエット食に慣れてきたら辛さはさほど感じなかったようです。

どのような人がジグザグダイエットを行えば良いか?

では、どのような人がジグザグダイエットを取り入れた方が良いのかをピックアップしていきます。

  • ダイエット初心者の方
  • 短期ダイエットでなく、長期的なダイエットを計画している方
  • 今まで自己流のみでダイエットを行なってきた方
  • なるべくストレスなくダイエットを行いたい方
  • 現在ダイエットを行なっているが、体重が1ヶ月くらい停滞している方
  • 筋肉をつけたいが、ダイエットも取り入れたい方

このような方にはジグザグダイエットが有効かと思います。特に40代からダイエットを始められる女性の方にはジグザグダイエットをオススメします。なぜかと言うと、40代女性の方は若い人たちに比べて明らかに基礎代謝が低いです。もちろん個人差や運動をしている、していないで基礎代謝は変わりますが、大半の方が低くなる傾向にあります。ですが、実際に40代女性の方がダイエットを始めようとすると、短期的なダイエット成功を望んで、無理な食事制限や、単純に摂取カロリーを減らすなどの、あまり望ましくない考えに陥りがちです。早く痩せたいという気持ちは非常によくわかります。ですが、年齢が40代、さらに年輩の方は、そもそも痩せにくくなってしまっているので、まずは自分に合った正確な情報収集、食事内容の見直し、運動習慣を取り入れるなどの基本的な部分を継続して行えるような体制を整えてから、本格的にダイエットを行なった方が結果に繋がりやすいと思います。

ジグザグダイエットの具体的な方法

ここからはジグザグダイエットの具体的な方法を説明していきます。まず初めに減量食と通常食の期間を設定します。設定期間は減量食、通常食共に二週間ずつで設定し、あとは減量→通常→減量→通常→というサイクルで食事を取ります。気をつけたいポイントとしては、減量食と通常食の落差をつけることです。

どうゆうことかと申し上げますと、減量食期間にも関わらず、食事の内容が通常食から少しだけしかボリュームや、食べ物の内容が変わっていない。これでは、ほとんど通常食を取っていることになってしまいます。

減量食期間にはしっかりと摂取カロリーを抑え、食事の内容に変化をつけて通常食との落差をしっかりとつけます。減量食の内容としては、「ローカーボ・ダイエット」をオススメいたします。なぜ「ローカーボ・ダイエット」を進めるかと申し上げますと、栢山ジムのお客様の感想の中では、ローファット・ダイエットより、ローカーボ・ダイエットの方が取り入れやすかったという意見が多く見られました。ですが、この二種類のダイエット方法には、合う合わないや、食べ物の好き嫌い、食品のアレルギーなどがありますので、どちらが自分に合うダイエット方法なのかは、よく調べておく必要がありますので、まずはどちらのダイエット方法も試してみることで、理解納得できると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

終わりに

ここまでジグザグダイエットの説明をさせていただきましたが、最後にダイエットを行う際の注意点を申し上げます。

  • 決して無理なダイエットを行わない
  • 体調が悪くなったらすぐにダイエットを中止し、食事をしっかり食べた上で医師に相談する
  • 夏場は熱中症のリスクが高まるので、ミネラルや水分補給を忘れない。夏場の水分補給はスポーツドリンクも可。

夏場のダイエットは特に熱中症のリスクが高まります。食欲が落ちたり、サッパリした食事を取りがちになりますが、栄養バランスを考え、食べるときはしっかり食べて、夏場のダイエットを乗り切りましょう。