摂取カロリーを考えていますか?

こんにちは栢山トレーニングジムの鈴木です。 今回のテーマは「一日の摂取カロリーを考えていますか?」という内容です。この記事の内容には3つのメリットがありますので、1つずつチェックしていきましょう。

一日の摂取カロリーを把握すると3つのメリットがある

なぜ一日の摂取カロリーを把握する必要性があるのか?

まず結論から申し上げますと、ダイエットを行うときに必要なことの一つとしては、「摂取カロリーの把握」です。なぜ、この「摂取カロリーの把握」が必要かと申しますと、3つのメリットがあるからです。まず一つ目は、摂取カロリーを把握することで、健康的にダイエットができる。二つ目は、食べても良い食事と食べるのを控えたい食事の区別ができる。三つ目は、食事の献立が決めやすくなります。

①摂取カロリーを把握することで、健康的にダイエットができる

一日に必要な摂取カロリーの指標を立てることで、食事の内容が変わり、それだけで体調を崩さず、体重にわずかながら変化がみられる場合もあります。なぜかというと、ダイエットを行う時や体作りを行う時には必ず何の食材から、どの栄養素を、どのくらいの量を摂るべきなのかという数字を算出します。この摂取量の数字の算出をテキトーに済ませたり、ただ摂取カロリーを減らすだけでは体重の変化はあまり見られないことが多々あります。もちろん摂取カロリーを減らせば痩せてはいきますが、これは、痩せるというより痩せコケていく、という状況になってしまいます。なので、特にダイエットを行う時には、カロリー計算を疎かにせず、綿密な計画の上でダイエットを行うことが望ましいと思います。

②食べても良い食材、食べるのを控えたい食材の区別がつけられる

摂取カロリーの計算を行うことで、食べられる食材、食べられない食材の区別がつき、より”質”の高い食事をとることで体調が整い、日常生活が過ごしやすくなります。なぜなら、大量に摂取していた糖質の摂取を控え、たんぱく質が多い食事に切り替えることで、日常のダルさが軽減され、さらには運動を行っている方はたんぱく質をしっかり摂取することで、より高い運動効果が望めます。

③献立がすぐ決まり時短に繋がる

これは個人的な感想になってしまいますが、摂取カロリーを決めることで、家での食事や、外食時に何を食べるか迷わず決められるので、あれこれ考える時間がなくなり、その分家事を一つ手伝うことができ、わずかですが時間の余裕が生まれ有効活用できます。これは私がせっかちな性格ということもあり、食事内容をパターン化してしまっているということもあるとは思いますが、食事の内容をある程度固定化することで、無駄な食材の買い物をしなくなったり、何回かに分けて行っていた買い出しが一度で済んだりと何かメリットはあると思いますので、ぜひ試してみてください。