下半身冷えは、この運動で解決!?

こんにちは栢山トレーニングジムの鈴木です。今回は冷え性の中でも、特に下半身が冷える方がどんな運動を行えば、根本的な解決をできるのかを説明していきます。

栢山ジム 冷え性改善ブログ

自分の冷え性はどんなタイプ?

まず冷え性には様々なタイプがあります。自分がどのようなタイプなのかを把握しておきましょう。

・手足の先が特に冷える(末端型)

・手足や身体の表面は温かいのに、お腹が冷えているような感覚がある(内蔵冷え型)

・上半身は冷えていないのに、下半身だけ冷えてしまう(下半身冷え型)

・とにかく全身が寒い(全身冷え型)など大きくは4つか、5つのタイプに分けられます。

では本題でもある、(下半身冷え型)の方が冷え性を改善するにはどんな運動が必要か、具体的に説明していきます。

冷え症をいち早く改善するには、とにかくスクワットを行う!

なぜ冷え性を改善する運動に、スクワットを行う理由としては3つあります。

・座りっぱなしが続くと血の巡りが悪くなる

・筋膜の硬直

・脚の筋肉は身体の70%を占めている。

まず1つ目の理由として、下半身冷えてしまう方の特徴としましては、男女問わずデスクワークなどで長時間座ったままの姿勢が多い方に顕著に現れるようです。これは座っている状態が何時間も続くと、お尻や脚の筋肉が「座った状態が通常」と錯覚してしまい、体幹を支える為の“腸腰筋”や“大腿四頭筋”などが短縮してしまい、筋肉が硬直し、血の巡りが悪くなり下半身の末端まで血液が届きにくくなってしまいます。

さらに、座った状態や一定の姿勢が続くことによって“筋膜”というコラーゲンなどでできた筋肉の表面膜の伸縮性が悪くなり、身体が硬く柔軟性のない状態になり、思わぬ怪我や腰痛などにも繋がる可能性があります。

脚の筋肉は身体の70%を占めている

身体の筋肉の割合は、脚の筋肉が70%も占めています。これは何を意味するかというと、熱(体温)を生産するエンジンの多くは脚に集中しているということです。つまり、冷え性改善や、ダイエットで最も重要なポイントの「基礎代謝の底上げ」を図るには、スクワットは必須種目であり、最優先で取り入れたい種目と考えても良いでしょう。

特に、脚の筋肉を鍛えるメリットとしては、基礎代謝が上がることにより脂肪燃焼効果が向上、血流が改善されることにより血圧の安定、姿勢が良くなり背骨や骨盤の歪みを整えるなど、まだまだたくさんのメリットがあります。

冷え性を改善されたい方や、体温を少しでも上げたい方は、カイロや、暖房器具のみに頼らず、自分の体温は自分で生み出せるようにまず脚の筋トレから始めてみてはいかがでしょうか。